インド麻と、からむしのショール [S181C]

からむしとは、奥会津の昭和村で作られている苧麻と呼ばれる植物から作られるもので、約600年も前から厳しい管理により代々受け継がれてきました。
軽やかで、独特の光沢感があり、天女の羽衣にたとえられ、高温多湿の日本の風土に適した素材でもあります。

こちらのショールはからむしとインドの麻と絹の糸を組み合わせていますので、それぞれの良いところがすべて生かされています。

巻いてみるとなんともいえない しなやかさと心地よさを体感していただけます。

真夏のお洒落を引き立てる最高のアイテムです。

○素材…麻90%(内リネン89%、苧麻11%)絹10%
○サイズ(約)…幅65×長さ200cm(フリンジ含まず)
○洗濯…ドライ
○インド製(企画:日本)
インド麻と、からむしのショール [S181C]

販売価格: 16,000円(税別)