つまみかんざし [kkr046]

つまみ簪(かんざし)
歴史は古く江戸時代の頃から有る技法で薄地の布を正方形に小さく切り、これを摘んで折りたたみ、組み合わせることにより、花や鳥の文様をつくる「つまみ細工」のかんざしです。古典柄の振袖などに良く似合います。

他の写真

つまみかんざし [kkr046]

販売価格: 6,800円(税別)