笑顔と元気を!『被災地に着物を贈ろう!』へのご協力お願いします!2013年2月末まで

宮城・気仙沼の同業者である「たかはし」さんが発起人となって発足した「被災地に着物を贈ろう」プロジェクト。
当店では着物によって、つながり合う人と人を確認しあい、そして其れによって被災地の方々に元気になってもらいたいというこのプロジェクトを応援しています。
下記メッセージをご一読頂きましたうえ、ご賛同・ご協力頂ければ幸いです。
*********************************************************************
                 気仙沼 たかはし 店主 高橋和江

昨年発生しました東日本大震災にて多くの方が被災し、大変苦しい生活を強いられることとなりました。しかし、そんな明日をも知れぬ状況の中でも、津波によって汚れてしまった着物の修繕をしたいと、弊社の店舗には連日たくさんのお客様がいらっしゃいました。その時、かなりの方が、ご家族など大切な方の面影をその着物に映し出していることに出会いました。
その傍ら、津波によって着物道具一式をすべて流されてしまい、もう着物を着る機会は無い、と落胆されていらっしゃる方のなんと多いことか・・・。当店のスタッフもそのひとりです。ある日彼女がつぶやいた「・・・私はもう一生着物なんて着られない・・・」の言葉は私の胸に刺さりました。私は震災から半年ほど経ったある日、そのスタッフに私の着物や帯を差し出しました。それも年中着られるように、季節ごとの着物と帯を、です。その時の彼女の驚き様と言ったらありません。途端に彼女の顔が満面の笑みと変り、さっそく草履を新調したのには驚き、心から嬉しく思いました。その時強く感じたのは、きっと始めの一枚があれば、また前向きな気持ちになれる方もたくさんいるのではないか・・・ということです。
今やそれは確信に変りました。
着物の力を最大限使い、この未曾有の状況の中で少しでも元気になっていただくために皆様のタンスに眠っているお着物を差し出してはいただけないでしょうか。
本来、着物が持つ人と人、世代と世代をつなぐ力と、日本人の着物に対する底知れぬ愛着心をここに再発見しつつ、被災地を通して着物文化の発展に貢献していけたらと考えております。
                               敬具
*********************************************************************
期間 2013年2月28日まで

取りまとめ店
646-0014
和歌山県田辺市新万8-3
(株)一洛 
0739-24-0484 詳しくは、左記電話番号、一洛、榎本までお電話下さい。